ゴールデンフルイド

   
ゴールデンフルイドは、高濃度で耐久性のあるクリームに近いしたたるような低粘度性のアクリル絵具です。耐光性のよい顔料を使い、粘度が低く発色の強い絵具です。増量剤を全く使っておらず、ゴールデンアクリリックス(ヘビーボディ・タイプ)と同じ顔料濃度です。

固練りのゴールデンアクリリックスを水で薄めて粘度を下げると色や強度が弱くなります。フルイドは粘度が低く顔料濃度の高い絵具です。顔料の粒子が細かく、耐久性や柔軟性、接着性に優れています。筆塗りやスプレー、ステイン技法などに適しており、他のゴールデン製品と混ぜられます
 

【歴史】

【歴史】
 
●ゴールデンフルイドは"特注商品"としてスタート
フルイドは粘度が低くて顔料濃度の高い絵具が欲しいという画家の要望に応えた特注品として始まりました。たとえば絵具を注いだり(Pouring)、水たまりのようにしたり(Puddling)、滴にしたい(Dripping)と考える画家がいたり、あるいは水彩絵具の代わりにアクリル絵具でステイニング技法をしたいとか、さらにはエアブラシ技法に使いたいなどの要望がありました。多くの画家たちはすでに粘度の高いゴールデンアクリリックスを水で薄めてこうした効果をだしていました。

ほとんどの画家の要求には水やメディウムを絵具に足すだけで十分だったのですが、それでは絵具の強さとして不十分だと不満を持つ画家もいました。彼らは最適の濃度と隠蔽力を持った、薄められていない絵具を望んだのです。やがてこの特注品はゴールデン社の標準商品として発売できるほどの評判を得ました。フルイドはゴールデンアクリリックスと同様に配合されていますが、その粘度(固さ)に違いがあります。ですから顔料濃度(色の強さ)はゴールデンアクリリックスに匹敵します。実際のところ、フルイドはレベリング性が非常に良いためゴールデンアクリリックスよりも実質的に強いと思っているアーティストもいます。
 

【性質】

【性質】
 
●他のゴールデン絵具との混合
フルイドは、ゴールデンアクリリックスやすべてのゴールデンメディウムと混ぜることが出来ます。粘度の異なる絵具を混ぜることで、色の強さを犠牲にすることなく、あらゆる固さの絵具を作ることが出来ます。ゴールデンアクリリックスは水で効果的に薄めることが出来ますが、フルイドは粘度が元々低いので水は少ししか必要ありません。注意していただきたいことは水を多くすればするほど乾いたときの収縮が大きくなることです。アクリル絵具は水が多すぎると定着力が低下し光沢もなくなります。

ステイニング技法やウオッシュの場合を除いて、フルイドと混ぜる水の量は1:1よりは多くしない方がいいでしょう。ステイニングやウオッシュの場合は加える水の限度は特にありません。絵具が下地に吸い込まれることで十分な塗膜となるのです。あるいは、ウオッシュにアクリルメディウムを上塗りして全体的な強度を上げることも出来ます。
 
●筆さばき
フルイドは筆の含みが固い絵具よりも均一な上に、絵具の筆離れが安定しているので、均一な筆さばきを長く続けることが出来ます。これが低粘度という性質からくるフルイドの特徴の一つです。顔料濃度が高いのと同時に、厚みのない描画を可能にします。粘度の高い絵具を薄めてもこのような表現は出来ません。ヘビーな筆さばきが必要な場合はゴールデンのメディウムと混ぜてください。ソフトやレギュラー、ヘビー、エクストラヘビーなどのゲルメディウムで様々な固さが得られます。フルイドは粘度が低く、高濃度ですので、メディウムと混ぜて力強い絵具を作るのに最も適した絵具といえます。
 
●注ぐ、そして溜める
フルイドは、キャンバスの上にPouring(絵具を注ぐ)したり、Puddling(水たまりのようにする)、Dripping(滴らせる)や、Dragging(絵具を毛先などで引きずるようにして擦り取る)などの特殊な効果を出すことが出来ます。絵具を垂らすときのスピードや画面からの距離、注ぎ口の大きさや形を変えることで絵具の流れや液滴の大きさ、形をコントロールできます。色の違うフルイドを同時に、あるいは時間をずらして一緒に使うと面白い技法が出来ます。

ゴールデンのメディウムの中にはフルイドと相性が良く、Pouring・Dripping・Puddlingなどの技法に効果的なものがいくつかあります。たとえばDripping技法ではクリアタルゲルをフルイドに混ぜると蜘蛛の巣のような細さから筆塗りの太さまでの線が作り出せます。
 
●厚塗りの時の乾燥について
絵の具を分厚く塗った場合にアクリル絵具は乾燥に伴い、大幅にやせる(およそ25~40%)ことを忘れてはいけません。この性質はフルイドの低粘度と相まってクレーズと呼ばれる細かなひび状の表面欠陥を起こします。クレーズは絵具の乾燥時に塗膜にかかる大きな力が原因です。これは、絵具を垂らしたときに表面に走る、割れ目や裂け目、あるいは谷間のようになって現れます。ゴールデンのソフト・レギュラー・ヘビーなどのゲルメディウムを混ぜるとクレーズを防ぐことができます。
 
●光沢の変化
フルイドの場合もゴールデンアクリリックスの基準を守り、ツヤ消し剤や不透明にするための添加剤などは意図的に使わないことにしました。これらの添加剤は色ごとの光沢や不透明性を均一に調整するために他のアクリル絵具ではよく使われます。当社はそれぞれの顔料はその本来の性質による固有のツヤがあり、固有の透明性また不透明性があると考えました。このような考えで作られた当社の絵具はそれぞれの色の最も澄み切った清浄な品質を備えており、特にウオッシュやグレーズに用いたときにその鮮やかさが発揮されます。ツヤ消し剤や他の白色材料を混ぜることはいつでも出来ますが、一度混ぜてしまうと取り除くことは出来ないのです。

フルイドにはツヤ消し剤や不透明添加剤は全く入っていません。ですからカラーチャートをみるとそれぞれの色の光沢が違うのが一目瞭然です。例えばウルトラマリンブルーやローシェナーはかなりツヤ消しなのに対し、キナクリドンゴールドやバットオレンジは非常に光沢があります。光沢が違うことを問題視する人もいますが、多くのアーティストはフルイドの持つ色や光沢、透明性・不透明性といったニュアンスを評価しています。
 
●塗膜の柔軟性
フルイドの乾燥後の塗膜は柔軟性に優れ、他の天然や合成の樹脂系絵具起こるようなひび割れの可能性が大幅に少なくなっています、アクリル絵具は運搬時や温湿度変化に伴う収縮によってキャンバスにかかる定常的な圧迫や、引っ張りの力を吸収することが出来ます。注意しなければならないのは気温が15度になると硬くなり始め、氷点下では非常に硬くなることです。特に作品を氷点下の条件で運搬する場合や、寒い場所に保管されていた作品を広げるときは覚えておかなければなりません。万一、凍ったとしても作品が自然にひび割れることはありませんが、とても脆くなっているので注意深く扱わなければなりません。こうした低温条件に曝された作品はまず十分に暖めてから巻く、広げるなどの取り扱いをしてください。
 

【色の範囲】

【色の範囲】
 
●主要色
フルイドは、ゴールデンアクリリックスにくらべると色の範囲は限られますが、それでも様々な顔料を使用しています。多くの画家が「なぜすべての色をフルイドにも作らないのか?」と疑問を持っています。それが出来ない理由は色々あります。まずフルイドは粘度が低いため、重さのある金属系顔料では安定しないものがでてきます。重い顔料は沈みやすく、容器の底に硬く固まり簡単には混ぜられなくなります。このような顔料濃度の高い絵具を低粘度(さらさらした絵具)のまま、長期的に安定させるのは非常に難しいことです。粘度は普遍的な課題です。
 
●フルイド・イリデッセントマイカアイアンオキサイド
イリデッセントマイカアイアンオキサイドは現在の絵具の中で最もユニークなものの一つです。その光輝性はよく知られています。そのまま単独で、あるいは他のゴールデンの色と混ぜて使えます。グロス系のメディウムを混ぜるとさらに輝きが増します。

イリデッセントマイカアイアンオキサイドはマイカ(雲母)粒子に酸化チタンをコーティングしたもので、色褪せに対し高い耐久性を持ちます。イリデッセントアクリリックスはステンレス鋼やマイカなどの天然鉱物、十分に酸化した金属から作られており酸化や変色はありません。
 

【使用顔料】(フルイドの顔料は無機顔料と有機顔料に分かれます)

【使用顔料】(フルイドの顔料は無機顔料と有機顔料に分かれます)
 
●無機顔料
無機顔料の中には数百年、あるいは千年にわたる長い歴史を持つものがあります。これらは自然から採掘されるもの(シェナー、アンバー、オーカー等)か、人工的に合成されるもの(酸化鉄、カーボンブラック、その他)です。この二つを組み合わせて生産される無機顔料もあります。採掘されてから合成されるものにはカドミウム、コバルト、チタニウムなどがあります。
 
●有機顔料
有機顔料とは石油やコールタール、天然ガスなど様々な材料を含む複雑な炭素化学から合成される色剤です。有機顔料の多くは1800年代の化学に起源を持ちますが、広く生産されるようになったのは1930年代からです。有機顔料はたかだか数十年の歴史しかありませんが、光や天候に対し注目すべき耐久性を示します。
 
●使用顔料とASTM規格
フルイドはどれもが画材のASTM規格に基づき、専門家用として認められたものです。これらの規格では絵具の粘性、顔料の細かさ、耐光性、100%アクリル樹脂の使用、凍結安定性、使用顔料の正確な表示などの項目が規定されています。また、認定された毒物学者による評価も必要です。
65色の中で55色は耐光性(光に曝されたときの色の耐久性)ランクが「特に強い」とされ、のこる10色が「強い」と評価されています。フルイドには「強い」よりも劣る色は使用していません。
 

【顔料の分類】

【顔料の分類】
 
●キナクリドン類
ゴールデンには他社のどのアクリル絵具よりも多くのキナクリドン色があります。キナクリドン顔料はディープイエローから鮮やかなバイオレットに至るまで強い色があります。キナクリドン色はどの色もそのアンダートーン(足色、薄めたときの色)の鮮やかさと高い透明性で混色がすばらしい色です。キナクリドン色の中で一番重要な色はキナクリドンクリムソンでしょう。色あせしやすいアリザリンクリムソンと同じ仕上がり感ながら、特に強い耐光性を持っています。伝統的なアリザリン色と同じ深みのあるバーガンディーワインの赤い原色と、輝くようなバラ色のアンダートーンをしています。絵画修復専門家は修復の際、色あせしやすいアリザリンの代わりに、ゴールデンのキナクリドンクリムソンを使っています。他のキナクリドン色と同様にキナクリドンクリムソンは非常に透明で混色に最適です。フタログリーン(ブルーシェード)と混ぜると、ほとんど魔法のようなすばらしい深みのある黒ができます。

ゴールデン独自の際だった色はキナクリドンゴールドとキナクリドンバーントオレンジです。これらのキナクリドン色は豊かな油彩画色に匹敵する輝かしさを持っています。その原色はかなり暗いのですが、アンダートーンはすばらしく輝きます。キナクリドンゴールドはバーントシェナーに近い原色ですが、アンダートーンはどのシェナーにも見ることの出来ない黄色の炎といえます。同じようにキナクリドンバーントオレンジは茶褐色の原色に対し、鮮やかな赤みのオレンジのアンダートーンが現れます。
 
混色のため、強いマゼンタ原色が必要ならばキナクリドンレッドがお勧めです。色相はコダック社の色温度5500Kカラージェル(色フィルター)のプライマリーマゼンタにとてつもなく近くなっています。キナクリドンマゼンタとバイオレットは様々な透明性ブルーを混ぜてラベンダーからパープルにかけた色を作るのに適しています。キナクリドンレッド、レッドライト、マゼンタは白と混ぜると強い色のピンクからラベンダーになります。特別な作品のために強烈なフクシャ(明るい赤紫)や蛍光色が欲しい一方、耐光性も必要な場合にはこれらの色を使うことをお勧めします。
 
●フタロシアニン類
フタロシアニンは最も古い有機顔料として有名です。フルイドにはフタログリーン(イエローシェード)、フタログリーン(ブルーシェード)、ターコイズ(フタロ)、そして二つのフタロブルー(グリーンシェードとレッドシェード)の5種類のフタロシアニン色があります。色の異なるフタロシアニンは実際にはフタロシアニングループの中でそれぞれの顔料構造を持っています。
 
●コバルト類
コバルト類にはセルリアンブルーとブルーディープ(どちらもコバルトとクロムを含む)、コバルトブルー、コバルトティールがあります。コバルトティールはとても清澄で彩度の高い色と、特に強い耐性、不透明性を持っています。
 
●パイロール類
パイロール類は開発された顔料としては最も新しい部類に入ります。
パイロール類はカドミウム色に匹敵する不透明性に加え、さらに鮮やかな色をしています。パイロールオレンジ、パイロールレッドライト、パイロールレッドの各色は優れた不透明性と特に強い耐光性を持っています。そして他の有機顔料色と混色してもきれいな色を作り出し、カドミウムの同系色の場合のような濁った混色になりません。
   
ご注文はこちら(色見本は下記をご参照ください)
(2006年6月9日 ターナー色彩アクリルワークショップ東京会場の資料に基づく)
 

ゴールデンフルイド色見本(実際の色とページ上では違いがあります)

ゴールデンフルイド色見本(実際の色とページ上では違いがあります)
 
フルイド色見本1
( 2013-03-15 ・ 385KB )
 
フルイド色見本2
( 2013-03-15 ・ 338KB )
株式会社新日本教材社
〒036-8364
青森県弘前市大字新町243
TEL.0172-33-3141
FAX.0172-32-7890

────────────
● 中学校教材の提案、および販売
● 画材・美術素材の提案、および販売
● 理科機器・環境実験教材の提案、および販売
────────────
069457
<<株式会社新日本教材社>> 〒036-8364 青森県弘前市大字新町243 TEL:0172-33-3141 FAX:0172-32-7890